京都府の葬儀社のネットワーク|京都中央葬祭業協同組合|京都の葬儀・法要・寝台車・事前相談・事前見積
メインメニュー

京葬協からのお知らせ

【開催報告】 春季焼骨灰供養法要を開催しました

平成31年3月19日(火)、京都市上京区の臨済宗大本山・相国寺にて春季焼骨灰供養法要が執り行われました。時折小雨が落ちる肌寒い天気でしたが、多くのご遺族にご参詣いただきました。天候は大きく崩れることはなく主催者側としてもホッといたしました。

会場の相国寺は、当組合と共催でこの法要を主催する京都仏教会の理事長でもある有馬頼底氏が管長を務める、いわばお膝元になります。法要は有馬管長を導師に迎え営まれました。法要場所の同寺の方丈には読経が響き渡り、しばし厳粛な時間が流れました。

臨済宗大本山相国寺派 有馬頼底管長が導師を務められたました
当組合理事長の松井信五が代表焼香を行いました

2019年3月20日


【開催予告】 3月19日 春季焼骨灰供養法要を開催します

京葬協は京都仏教会との共催により春季彼岸焼骨灰供養法要を3月19日(火)に臨済宗大本山 相国寺(京都市上京区)で行います。この法要は毎年春秋のお彼岸にその半年間に京都市中央斎場と宇治市斎場で火葬された物故者の方々の残骨灰を供養するもので、これまで通算で100回以上行われています。京葬協は会場設営や運営のお手伝いを毎回させていただいています。

今回の法要は昨年9月から今年2月までに火葬された方が対象となります。当組合所属の会員葬儀社にて葬儀をあげられた方には担当葬儀社よりご案内をさしあげます。多くの方のご参詣をお待ちしています。

会場には暖房設備はございません。温かい服装でお越し下さい。

担当葬儀会社より案内状が郵送されます

2019年3月11日


【開催報告】 秋季焼骨灰供養法要を開催しました

平成30年9月27日(木)、京都市左京区の総本山・永観堂禅林寺にて秋季焼骨灰供養法が執り行われました。まだ夏の余韻が残る気候のなか、今回も多くの方にご参詣いただきました。

同寺の太田孝裕執事の法話、そしてこの6月の新しく法主に就任された久我儼昭法主が導師を勤める法要と続きました。

主催者のひとりとして当組合の副理事長の松本光雄が代表焼香をさせていただきました。

代表焼香する当組合副理事長の松本光雄

久我儼昭法主が導師を務められた

2018年9月29日


« 前のページ