京都府の葬儀社のネットワーク|京都中央葬祭業協同組合|京都の葬儀・法要・寝台車・事前相談・事前見積
メインメニュー

京葬協からのお知らせ

【開催報告】 秋季焼骨灰供養法要を開催しました

平成29年9月27日(水)、京都市左京区の総本山・永観堂禅林寺にて秋季焼骨灰供養法が執り行われました。当日は心配された雨も午前中はもってくれ、まだ夏の名残が濃く蒸し暑い気候となりました。今回も多くの方にご参詣いただきました。

同寺の岸野亮哲執事の法話、そして中西玄禮法主が導師を勤める法要と続きました。法要では読経に合わせ、皆さん自然と手を合わせていらっしゃいました。皆さんのお気持ちが故人様に届くことを私たち京葬協も願っています。

2017年9月30日


【開催予告】 9月27日 秋季焼骨灰供養法要を開催します

京葬協は京都仏教会との共催により秋季彼岸焼骨灰供養法要を9月27日に永観堂禅林寺(京都市左京区)で行います。この法要は毎年春秋のお彼岸にその半年間に京都市中央斎場と宇治市斎場で火葬された物故者の方々の残骨灰を供養するもので、これまで通算で100回以上行われています。京葬協は会場設営や運営のお手伝いを毎回させていただいていいます。

 今回の法要は今年3月から今年8月までに火葬された方が対象となります。当組合所属の会員葬儀社にて葬儀をあげられて方には担当葬儀社よりご案内をさしあげます。多くの方のご参詣をお待ちしています。

2017年9月10日


京都府総合防災訓練に参加しました

平成29年9月3日に八幡市民市民スポーツ公園で開催された京都府総合防災訓練に京都中央葬祭業協同組合も展示参加いたしました。

大規模災害を想定し、毎年9月の第1日曜日に開催せれるこの訓練には、報道によりますと約1000名が参加し、災害に備えたさまざまな訓練が同時に行われました。

京葬協も毎年参加しており、「啓発展示」として展示コーナーの一角にブースを設け、大規模災害に備えた遺体収容訓練の模様をパネル展示いたしました。

同訓練は府内で持ち回りで開催されています。お近くでの開催の際にはぜひお出かけ下さい。どなたでも自由に参観できます。

2017年9月5日


« 前のページ 次のページ »